売りたい空き家の処分方法・必要な費用をご紹介!

売りたい空き家はどう処分すべき?売却にかかる費用もご紹介

この記事のハイライト
●空き家を現状で売却する際は古家付き土地か中古住宅として売り出す
●更地で売却すると解体費用がかかるが売れやすいなどのメリットがある
●空き家の売却時は相続登記費用や譲渡所得税などの費用がかかる

空き家を売りたいと思っても、どのように売却すれば良いかお悩みになる方が多いようです。
弊社「堺・高石不動産買取専門店」にも、空き家の処分方法についてお問い合わせをいただくことがあります。
また売却時にかかる費用や税金も、あらかじめチェックしておきたいポイントです。
今回は空き家を現状と更地で売却するメリットや費用を解説しますので、堺市や高石市エリアで空き家を売りたいとお考えの方は、ぜひご参考になさってください。

\お気軽にご相談ください!/

空き家を「現状」で売却する方法・メリットとは?

売りたい空き家を現状で売却する場合

まずは売りたい空き家を現状で売却する方法やメリットをご紹介します。

空き家を現状で売却する方法1:古家付き土地として売却する

売りたい空き家を現状で売却する場合、古家付き土地として売り出す方法があります。
古家付き土地の場合、建物にはほとんど価値がなく、土地がメインで古い家がおまけで付いてくるイメージです。
立地や土地の広さなどが買主のニーズに合えば、スムーズに売却することもできます。
あえて古家を購入し、自分好みにリノベーションして住みたい方もいらっしゃるでしょう。
また再建築不可の土地の場合、解体すると新たに建物を建築できません。
そのため古家付き土地として売却するほうが、買主にとってメリットになることもあります。

空き家を現状で売却する方法2:中古住宅として売却する

築20年未満の空き家を売る場合は、中古住宅として売却します。
中古住宅にするか否かに明確な定義はありませんが、木造建築の場合、法定耐用年数である築20年を経過しているかどうかが目安になります。
また近年は古民家の魅力が見直されブームになっていますよね。
あえて古い住宅に引っ越しする方が増えていることから、現状のまま売却すれば高値で手放せるかもしれません。
売りたい空き家がまだ住める状態であれば、中古住宅として売却してみても良いでしょう。

空き家を現状で売却するメリット

売りたい空き家を現状で売却するメリットは、下記のとおりです。

  • 解体費用がかからない
  • 固定資産税が安くなる
  • 契約不適合責任を免責にできる

メリットとしてまず挙げられるのが、解体費用がかからないところです。
更地にして売却する場合、建物の解体費用がかかり、金銭的な負担が大きくなります。
現状のまま売却すれば解体費用がかからない分、売り出し価格を低くできるのもメリットです。
また古家付き土地には住宅用地の軽減措置特例が適用されているため、固定資産税が安くなります。
敷地面積の200㎡までの部分は6分の1、200㎡超えの部分については3分の1になるので、大きな節税につながるでしょう。
更地にすると特例がなくなるので、売却できるまで割高な固定資産税を支払い続けることになります。
さらに契約不適合責任を免責にできるのも、売りたい空き家を現状で売却するメリットです。
先述のとおり、古家付き土地は土地をメインで売却します。
そのため古家については契約不適合責任免責で売却できます。
売買契約書に建物についての責任は負わない旨(契約不適合責任免責の条文)を記載すれば、契約義務の不安を払拭できます。

この記事も読まれています|終活しないとどうなる?相続した空き家の管理や対策について解説

\お気軽にご相談ください!/

空き家を「更地」で売却する方法・メリットとは?

売りたい空き家を更地で売却する場合

続いて、売りたい空き家を更地で売却するメリットや、適しているケースをご紹介します。
更地とは、建物や庭木などがない状態の土地のことです。
空き家の管理が難しく早く売りたい方や、建物の耐震性が低い場合などは、更地にするのがおすすめです。
とくに耐震性は、中古住宅を求める買主にとって重要な条件となります。
中古住宅のなかには、現行の耐震基準を満たしていないものもあるので、いつ建てられたのかを確認なさってください。
昭和56年以前に建築されている場合は、耐震診断や改修工事をおこなう必要があるでしょう。
また古民家としての価値がなかったり、老朽化が進んでいたりする場合も、更地での売却が適しているかもしれません。
リフォーム費用がかかるだけでなく、安全性が懐疑的であれば売却が難しくなるからです。
ただし空き家を更地にする場合は解体費用がかかります。
そのため費用をかけてでも更地にするメリットがあるかどうかを、見極めることが重要です。

空き家を更地で売却するメリット

売りたい空き家を更地で売却するメリットは、下記のとおりです。

  • 流動性が高い
  • 土地の大きさや形状が把握しやすい
  • メリットとしてまず挙げられるのが、流動性が高いところです。

状態が悪く、住めない場合は解体工事が必要になり、買主の負担が大きくなります。
更地なら解体費用がかからないので、スムーズに売却できる可能性が高いです。
新築を検討している場合も、更地ならすぐに着工できるでしょう。
買主のさまざまなニーズに応えられるのが、更地で売却するメリットといえますね。
また土地の大きさや形状が把握しやすいのも、売りたい空き家を更地で売却するメリットです。
更地であれば、地盤調査や土壌調査、地中埋没物の確認が容易にでき、改良工事が必要か否かも容易に確認できます。
現状と更地、どちらで売却すべきかお悩みの方は、一度弊社にご相談ください。

この記事も読まれています|終活しないとどうなる?相続した空き家の管理や対策について解説

\お気軽にご相談ください!/

空き家の売却にかかる「費用」や「税金」とは?

売りたい空き家を売却する際にかかる費用や税金

最後に売りたい空き家を売却する際にかかる費用や税金をご紹介します。

空き家の売却にかかる費用・税金1:相続登記費用

空き家を売却する際にかかる費用として、まず相続登記費用が挙げられます。
空き家を売りたいと思っても、名義人になっていないと売却できません。
そのため相続にともなう空き家の売却時は、被相続人からご自身へ名義変更をおこなってください。
相続登記費用に含まれるのは、書類の取得費用や登録免許税、司法書士への報酬です。

空き家の売却にかかる費用・税金2:譲渡所得税

譲渡所得税も、売りたい空き家を売却する際にかかる費用です。
譲渡所得税とは、空き家を売却して利益が生じた際にかかる税金で、譲渡所得(売却によって得た所得)に税率をかけて算出します。
税率は空き家の所有期間によって異なるので、下記を参考になさってください。

  • 所有期間5年以下(短期譲渡所得): 39.63%
  • 所有期間5年超え(長期譲渡所得):20.315%

5年以上所有すれば税率が低くなるので、費用を抑えたい方は売却のタイミングに留意すると良いでしょう。

空き家の売却にかかる費用・税金3:解体費用

先述のとおり、空き家を更地にして売却すると解体費用が発生します。
解体費用は空き家の広さや構造、周辺環境などによって異なりますが、木造一戸建ての場合は1坪あたり3~4万円が相場です。
建物そのものの解体だけでなく、ブロック塀や庭木の撤去、防音シートの設置費用などを含め、100万円以上はかかるといえます。
更地にしたほうが高く売れそうな場合や、早く買主が見つかりそうな場合は、解体するメリットがありそうです。

空き家の売却にかかる費用・税金4:仲介手数料

売りたい空き家を売却する際にかかる費用として、仲介手数料も挙げられます。
仲介手数料とは、売買が成立した際、不動産会社に支払う費用です。
仲介の場合に発生する費用であり、買取では仲介手数料はかかりません。

この記事も読まれています|終活しないとどうなる?相続した空き家の管理や対策について解説

まとめ

空き家を現状のままと更地にして売却するメリットや費用を解説しました。
現状のままか更地にするかは、築年数や傷み具合などの状況により、どちらが良いかを判断します。
弊社「堺・高石不動産買取専門店」は、堺市や高石市エリアの不動産売却や買取を専門としております。
売りたい空き家がある方は、お気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-85-7777

営業時間
9:00~19:00
定休日
水曜日(第2、3、4火曜日)

関連記事

売却査定

お問い合わせ